サーモス「アウトドアシリーズ」で初の“炭酸飲料対応ボトル”が発売されたので実際に使ってみた!

1904年にドイツで誕生し100年以上続くサーモス。その世界最大の魔法びんブランドブランドから「サーモス アウトドアシリーズ」で初となる炭酸飲料対応ボトル『サーモス 保冷炭酸飲料ボトル(RBAA-500)』(オープン価格)が2024年2月21日に登場された。

サーモス アウトドアシリーズは2019年3月に誕生し、アウトドアシーンに適した機能性とデザインが特徴。2023年2月にはキャリーループ付きの真空断熱ケータイマグを発売。今回のモデルにもキャリーループは健在だ。

同社ではすでに保冷炭酸飲料ボトルを発売しているが、アウトドアでのドリンクシーンをより充実させるためにラインアップに加わったのが「RBAA-500」だ。

筆者も日頃から長年愛用しているサーモスの水筒だが、炭酸飲料対応はこれまで使用したことがなかったので、早速購入して実際に使用感をチェックしてみた。

▲左からクリアステンレス、カーキ、ミッドナイトブルー、サンドベージュ

【次ページ】取材に持参して仕事終わりに一口飲んだら…

この記事のタイトルとURLをコピーする