エンジンはもちろんシャシーやラダーフレームなどを一新した5代目「三菱・トライトン」のターゲットは?

三菱のピックアップトラックのトライトンが12年ぶりに日本に導入され、2024年2月に販売を開始した。

日本には久々の導入になったが、世界約150カ国で約570万台を販売する世界戦略車。三菱の大型SUVはパジェロが姿を消してから日本市場になかったが、アウトドアブームに合わせて新型トライトンを再投入したわけだ。

 

三菱
トライトン
498万800円~

SPEC.(GSR・4WD)ボディサイズ:5360×1930×1815mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース:3130mm、車両重量:2140kg、最小回転半径:6.2m、WLTCモード燃費:11.3km/L、総排気量:2.439L、最高出力(kW[PS]/rpm):150[204]/3500、最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm):470[47.9]/1500-2750、タイヤ:265/60R18

上級グレードのGSRは、実用車であるピックアップだということを感じさせない洗練されたデザイン。最低地上高は220mmを確保しているため悪路でも下まわりを打つ心配が少ない。ホイールベースは3m超

▲リヤのアオリ(リヤゲート)を開けてもバンパーの角がステップになるため荷台に上りやすい

 

【次ページ】内装も高品質で装備が充実

この記事のタイトルとURLをコピーする